HTLV-I 抗体 | 日本臨床検査専門医会|臨床検査医になるために
  1. HOME
  2. 臨床検査医の方へ
  3. 新規保険収載検査
  4. HTLV-I 抗体

臨床検査医の方へ

TOPICS

新規保険収載検査

HTLV-I 抗体

平成 29 年 11 月より保険適用 D012 感染症免疫学的検査 52 区分 : E2(新方法)
HTLV-I 抗体
保険点数 432 点
製品名 イノリア HTLV
製造販売元 富士レビオ株式会社
主な対象 HTLV-I 確認検査の実施対象者(一次検査で HTLV-I 抗体陽性が確認された症例)
主な測定目的 血清又は血漿中のヒト T 細胞白血病ウイルス I 特異抗体(抗 HTLV-I 抗体)およびヒト T 細胞白血病ウイルス II 特異抗体(抗 HTLV-II 抗体)の検出(ヒト T 細胞白血病ウイルス感染の診断補助)
測定方法 ラインブロット法(LIA 法)
検  体 血清又は血漿
有用性 遺伝子組換え抗原および合成ペプチド抗原を用いた LIA 法を採用することにより,簡便な操作で結果を得ることができる。既収載品(ウエスタンブロット法)と同等の検査性能を有する。
特  徴

ヒト T 細胞白血病ウイルス I 型(HTLV-I)は,成人 T 細胞白血病(ATL; adult T-cell leukemia)の起因ウイルスである。HTLV-I は細胞内に取り込まれた後、ウイルスRNAが逆転写酵素によりDNAに変換され,プロウイルスDNAの形で染色体に組み込まれることから、体内から排除されないと考えられている。

また、HTLV-Iの感染者ではウイルス抗原に対する抗体を保有していることから、臨床検査として抗 HTLV-I 抗体の検出が一般的に実施されており、ATL や HAM/TSP(HTLV-I associated myelopathy/ tropical spastic paraparesis)の診断補助、母子感染や供血者スクリーニング検査などに用いられている。一方、HTLV-I に類似のヒト T 細胞白血病ウイルス II 型(HTLV-II)は、HTLV-I と核酸レベルで 70%以上の相同性があり、ウイルス学的特性も極めて類似しているが、HAM/TSP には低頻度ながら関与していると考えられているものの、ATL のような悪性リンパ球増殖性疾患への関与は否定的である。

本試薬は、血清または血漿中の HTLV-I および HTLV-II に対する特異抗体を検出する試薬であり、また抗 HTLV-I抗体と抗 HTLV-II 抗体の鑑別も可能とする新たな確認検査用試薬として開発された。検出原理として、遺伝子組換え抗原および合成ペプチド抗原を用いた LIA 法を採用し、特異性および感度に優れた試薬として、その有用性が評価されている。

PDF_icon PDF版ダウンロード
製品関連URL -
※製品情報のホームページは仕様変更などによりリンク切れとなることもあります.

関連記事