理事長挨拶 | 一般社団法人日本臨床検査専門医会|臨床検査医になるために
  1. HOME
  2. 専門医会のご案内
  3. 理事長挨拶

ASSOCIATION

専門医会のご案内

理事長挨拶

 2022年1月1日付けで、一般社団法人日本臨床検査専門医会の理事長を拝命することになりました。

 1983年5月に村井哲夫先生を代表とし、任意団体「臨床検査医会」として発足しました本会は、2022年1月1日に一般社団法人になりました。
 昭和から平成と、多くの臨床検査専門医の努力により発展してきた本会を、令和という新時代へ継承し、さらに発展させるべく、微力ながら尽力させていただく所存です。

 1984年に日本臨床病理学会による臨床検査医の第1回認定試験が実施され、臨床検査医の試験による選抜が始まり、毎年多くの臨床検査専門医が誕生してきました。2014年5月に日本専門医機構が発足し、2021年8月に日本専門医機構による第1回の認定試験が実施され、学会ではなく第三者機関が認定する臨床検査専門医が誕生しました。また、日本専門医機構の臨床検査専門医は、2021年より病院広告が可能となり標榜診療科として届出ができるようになりました。
 医療において臨床検査は必要不可欠です。臨床検査専門医は、基本診療領域の専門医の一つであってサブスペシャリティ領域の専門医ではありません。本会のさらなる発展のためには若手人材の育成が重要です。臨床検査の分野における専門医取得のための研修は、カリキュラム制を並行して走らせ、これまでのキャリアを活かした研修ができるため、カリキュラム制での専攻医の応募が増えています。
 日本臨床検査医学会と協働で、医学生や医師にとってなじみの薄い臨床検査専門医の業務内容やキャリアパスを知っていただくことを目的に広報活動や啓発活動をより一層行っていきたいと思っています。

 新型コロナウイルス感染症は2019年12月に中国で初めて報告され、今もなお世界的な流行を見せています。新型コロナウイルス感染症を診断するための検査には、抗原検査とPCR検査があり、臨床検査の価値が広く国民に認知される時代の到来となりました。
 臨床検査を取り巻く環境は変化し続けており、検査業態も多様化している現在、臨床検査の精度管理と標準化、ゲノム医療の日常診療への導入にあたり臨床検査専門医の役割がより一層重要になります。臨床検査専門医の役割を明確化し、ゲノム医療や感染症対策にも係わっていきたいと考えています。

 保健医療における臨床検査の価値をより一層高めるためには本会の運営において臨床検査関連学会・団体との連携は重要です。保健医療に限らず、関連学会・団体全体でまとまった力が発揮できるよう、本会は日本臨床検査振興協議会との結束を高め、日本臨床検査振興協議会の活動に積極的に参画してまいります。

 本会は臨床検査ギルド集団の会として様々な課題に対応していく所存です。会員の皆様のご指導、ご協力をいただき、誠心誠意尽力してまいりたいと存じますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人日本臨床検査専門医会
 理事長 〆谷 直人