情報出版委員会 | 日本臨床検査専門医会|臨床検査医になるために
  1. HOME
  2. 事業案内
  3. 役員・委員会
  4. 各種委員会
  5. 情報出版委員会

役員・委員会

役員紹介、各種委員会の紹介

各種委員会

情報出版委員会

委員構成(2020-2021年度)

委員長:福地邦彦(昭和大学)

委 員:五十嵐岳(聖マリアンナ医科大学)、出居真由美(順天堂大学)、後藤和人(九州大学)、信岡祐彦(聖マリアンナ医科大学)、盛田俊介(東邦大学)、吉田博(東京慈恵会医科大学)

専門医会 情報出版委員会では下記5項目の編集企画活動を行っております。

1.Laboratory and Clinical Practice :Lab CPの発刊(年2回を目安)

2.JACLap NEWSの発刊(年4回を目安)

3.JACLapWIRE
・事務局だよりの発刊(偶数月:6回/年)
・新規収載項目の発刊(奇数月:入稿月のみ、日本臨床検査医学会 情報出版委員会共同)

4.「ラボ」:日本衛生検査所協会広報委員会の編集にて毎月発刊

5.日本臨床検査専門医要覧を2年に1回発刊

情報出版委員会では、上記の機関誌・刊行物の発刊を通して専門医の先生方に情報提供を行っています。Lab CPでは専門家による各検査領域の話題のレビュー、RCPC、New Technology、各種集会記録、各医学部の臨床検査医学教育など、JACLap NEWSでは会員動向、大会やセミナーのお知らせ、総会・講演会の総括、「会員の声」の紹介、JACLapWIREでは事務局からのお知らせ・報告(会員動向、専門医会主催の会議、研修会、行事予定、会費納入など)や新規に保険適用された検査項目の掲載など、「ラボ」では臨床検査専門医のページにて企画したコンテンツの連載を行っています。今後も専門医の先生方へタイムリーな情報提供を行ってまいります。