私が臨床検査専門医を選んだ理由 | 日本臨床検査専門医会|臨床検査医になるために
  1. HOME
  2. 臨床検査医の方へ
  3. 私たちは臨床検査専門医
  4. 私が臨床検査専門医を選んだ理由

臨床検査医の方へ

TOPICS

私たちは臨床検査専門医

私が臨床検査専門医を選んだ理由

東京大学医学部附属病院検査部 西川真子

もともと血液内科医に興味があり・・・

私は大学病院の検査部で臨床検査専門医として勤務しています。主な担当は臨床血液学です。私が臨床検査専門医を選んだ理由をご紹介します。

私は学生時代から、疾患の診断(骨髄塗抹標本の顕鏡)、治療方針の決定、治癒を目指した治療まで、主体的に関わることができる血液内科医に興味がありました。初期研修修了後に血液内科専門研修に進み、初期研修医時代の上司にご紹介頂いた研究室に所属しました。正直なところ、学生、初期研修医時代には臨床検査専門医の存在を知りませんでしたが、所属研究室に臨床検査専門医として活躍されている先輩女性医師が多くいらっしゃったこと、これが私にとって大きな転機になりました。

結婚・出産を経て・・・

その後、結婚・出産を経て、病弱だった子どもの子育てと病棟業務の両立に限界を感じ、もともと興味があった血液疾患の診断業務を自分の専門にしたいと考え、臨床検査専門医として勤務することを選びました。東京大学大学院医学系研究科内科学専攻病態診断医学講座臨床病態検査医学で矢冨裕先生のご指導のもと学位と臨床検査専門医を取得し、現在は二児の子育てをしながら、検査部助教として臨床・研究・教育業務に従事しています。

そして臨床検査専門医資格の取得へ

検査部で勤務していると,「この患者さんの検査結果はどうでしょうか?」と診療科から問い合わせを受けることがよくあります.また,白血病の新患など迅速・精確な診断が必要な症例や,診断が困難な症例にも遭遇します.臨床検査専門医として,特に血液疾患の検査・診断に責任をもち,診療に貢献できることにやりがいを感じています.

また,臨床検査専門医は研究面でも大きなメリットがあると思います.臨床検査専門医は臨床医学全般に関わる総合的な科学者と位置づけられ,様々な疾患を対象に研究を行う基礎医学教室と同様のスタンスを臨床医学研究においてとることができます. 臨床,研究,ワークライフバランスを両立させて臨床検査専門医として頑張っていきたいと思っています.

西川真子

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事