広報委員会 | 日本臨床検査専門医会|臨床検査医になるために
  1. HOME
  2. 事業案内
  3. 役員・委員会
  4. 各種委員会
  5. 広報委員会

役員・委員会

役員紹介、各種委員会の紹介

各種委員会

広報委員会

委員構成(2020-2021年度)

委員長:五十嵐岳(聖マリアンナ医科大学)

委 員:上蓑義典(慶應義塾大学)、尾崎敬(紀南病院)、高木潤子(愛知医科大学)、田部陽子(順天堂大学大学)、千葉泰彦(横浜市立市民病院)、西川真子(東京大学)、増田亜希子(三井記念病院)、山本絢子(信楽園病院)

アドバイザー:木村聡(昭和大学横浜市北部病院)

専門医会 広報委員会では下記4項目を中心とした広報活動を行っております。

1.研修医向け雑誌レジデントノート連載
(日本臨床検査医学会 広報委員会合同)

2.学生・若手医師のための臨床検査ハンズオンセミナー
(日本臨床検査医学会 ワークライフバランス委員会合同)

3.研修医〜中堅医師を対象とした学術集会におけるワークショップ企画
(日本臨床検査医学会 ワークライフバランス委員会合同)

4.霞が関こども見学デー運営
(振興協議会広報委員会合同)

上記以外にも、

  • 専門医会 新ホームページ作成
  • レジデントノートにおける専門医会
  • 教育セミナーPR活動
  • 日本臨床検査振興協議会マスコットキャラクター「りんしょう犬さん」のLINEスタンプ作成
  • 医学部勉強サークルにて学生対象のRCPCを行う


などの様々な活動を通じて、学生〜研修医、中堅医師に“臨床検査医学の認知度”をあげる活動を行っております。

このような広報活動は短期間で結果が望める活動ではありません。しかし、5〜10年後の専門医会会員数を見据えた際には重要な活動であると認識しております。

活動を行う上で、皆様にご協力をお願いすることが多々あると思いますが、その際には御助力を賜れれば幸いです。宜しくお願い申し上げます。